AWDLP310-010
写真および動画加工作成。記念写真撮影致します。
サイトマップ 個人情報保護指針
 
 
写真販売TOPページ

News Release
   
仙台四郎 額縁付き
   

Information
   
桜の写真
   
シバサクラの写真
   
菜の花の写真
   
チューリップの写真
   
新緑の写真
   
水芭蕉の写真
   

買い物かごの中身をみる


  写真販売TOP
 桜の写真
サクラは春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせ、とくに果実を食用とする他、花や葉の塩漬けも食品などに利用されます。
園芸品種が多く、とくに江戸末期に開発された ソメイヨシノ(染井吉野) は、明治以降全国各地に広まり、サクラの代名詞となりました。
自然種としては ヤマザクラ(山桜) 、オオシマザクラ、エドヒガンなど10種ほどが認められています。
また、日本では固有種・交配種を含め600種以上の品種が自生しています。
ヤエザクラ(八重桜) は、サトザクラの八重咲きの品種の総称として用いられます。

古代では、山に咲く ヤマザクラ(山桜) や、八重咲きの桜が一般的でした。有名な吉野の桜も、ヤマザクラです。
また、日本において最も馴染み深い花であることから、一般的に国花の一つとされ、明治時代以降、軍隊や学校の制帽や階級章に桜を象った紋章が用いられています。
現在においても警察や自衛隊などの紋章に使用されています。

「サクラ」の名称の由来は、一説に「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものとされ、元来は花の密生する植物全体を指したと言われています。
また他説として、春に里にやってくる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)だから、サクラであるとも考えられています。
富士の頂から、花の種をまいて花を咲かせたとされる「コノハナノサクヤビメ」(木花之開耶姫)の「さくや」をとって「桜」になった、など、いろいろな説があります。

花言葉:「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」
(シダレザクラ)「優美」
(ヤマザクラ)「あなたにほほえむ」

 
このページの先頭へ

フォトショップみやぎ 〒986-0865 宮城県石巻市丸井戸1丁目2-3-7
Copyright (C) 2012 All Rights Reserved